ご提案事例

会場内でのインパクトを高めたい

黄緑を効かせた印象に残るデザインをご提案。
メリハリのある作りで分かりやすさを追求したブースへ。

井藤漢方製薬株式会社様 / exhibition インナービューティーexpo2020 / 小間 2小間・2面開放

ご提案背景

社名とキャッチが遠目からでも見えるようにし、ODM・OEMが可能である点を大きくアピールしたいというご要望をいただきました。その上で、製造機械や機能性表示食品の紹介も行えるブースにするため、カテゴリの分類とそれらの見せ方を工夫する必要がありました。ブースの色味については、黄緑・白のいずれかをメインカラーにしたいとお聞きしました。

ご提案ポイント

ブース幅を最大限に使用したキャッチコピースペースで、ODM・OEMをアピール。化粧品関係の展示会ということもあり、周りのブースが白基調のものが多いと予想されたため、その中でも目立つよう黄緑を基調にした色味でブースをデザインしました。
さらに、温かみのある木目調と組み合わせることで、会場内でも一際目立つブースに仕上げました。カテゴリ分けも黄緑と白を使い、視覚的にわかりやすく分類しています。


※実際のご提案書(一部)

グラフィックの強弱による訴求

正面左の黄緑色のゾーンがODM・OEMについての紹介、右の白色のゾーンが製造機械や機能瀬永表示食品の紹介です。色味やグラフィックの強弱により、メインとサブの関係を作ることで、訴求力をコントロールしています。

動線を意識したレイアウト

人がよく通る面にサンプリングやメイン訴求スペースを設け、お客様を引き込み、商談スペースへ案内。コロナ禍に考慮し、ブース内は余裕のある作りで、ソーシャルディスタンスを確保。

緑を基調にし、目立つブースへ

白基調のブースが多い中で印象に残るブースにするため、ぱっと見で「緑のブースだ」と認識してもらえるよにう、メイン動線側に黄緑色を多用するなど、細かい工夫をしています。

その他のインパクト/デザイン/サインの工夫画像集

  • TOWAレーザーフロント
Contact
お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求は各WEBフォーム
またはお電話にてご連絡ください。
会社案内

株式会社ウエンズは大阪/東京を中心に企業の展示会ブースやショールームなど空間をトータルコーディネートするスペシャリストです。

東京、大阪、名古屋、九州の展示会出展に対応いたします

東京ビッグサイト、幕張メッセ、東京国際フォーラム、池袋サンシャインシティ、パシフィコ横浜、ポートメッセなごや、インテックス大阪、マイドーム大阪、西日本総合展示場、福岡コンベンションセンターでの展示会出展にご利用いただいております。

株式会社ウエンズ コーポレートサイト