展示会ブース/ショールームデザインの課題解決

展示会ブースに集客したい

Online utilization

会期前の集客と展示会場での集客、オンラインも活用

事前の集客で目的ブースに入れてもらう

来場者は目的を持って展示会に来場されます。一般的には目的のブースが2、3社で目的ではないブースを会場の様子でいくつか見て帰ると言われています。 従って展示会ブースへの集客では、まず自社を目的化していただくよう事前集客に力を入れます。営業のタッチに加えてDMやメールでの招待などを行います。また専門展の場合はその業界の専門誌やWEBに広告や記事を掲載することも効果があります。来場者は専門誌を見て来場される方も多いためです。

会場での集客は入りやすさがポイント

会場では、ステージなどのプレゼンテーションで注目を集める事は効果が高いですが特に話題性の高い商品は流動的なお客様を集客するのに有効です。展示会ブースは外から見て入りやすいと感じるブースデザインが会場での集客に重要です。 来場者は短時間で少しでも多くの情報を得たいと考えているため、入りやすいブースに入る傾向が強いためです。出展品の数はゾーニングにも影響しますので、集客を重視するのであれば気を付けたいポイントだと思います。 また接客面での対面対応能力も大切な要素です。コンパニオンを使って会場で集客する企業は多いですが、来場されたお客様をお待たせしないようコンパニオンとも連携し、出展社の説明員に迅速、適切につなぐ仕組みを作ることでスムーズな接客を実演し、来場者の心理に応えることは大きなプラス要素となります。

オンラインを使ったバーチャル展示会も

また、展示会場に来場できないお客様のためにバーチャル展示会WEBを使ったハイブリッド開催も増えています。展示会ブースと同じ内容をWEBに掲載し、ご覧いただくことで当日来場できないお客様や遠方のお客様ともご商談いただくことが可能です。 会場の様子を動画で掲載したりブースからデモやステージを配信したりして、リアル感を演出することがバーチャル展示会を盛り上げ集客につなげるポイントです。ウエンズではこのようなバーチャル展示会制作も行っており、会場配信なども含め豊富な実績を持っておりますので、展示会のDX化やリアルとバーチャルで柔軟に提案することが可能です。
Contact
お問い合わせ
お問い合わせ・資料請求は各WEBフォーム
またはお電話にてご連絡ください。
会社案内

株式会社ウエンズは大阪/東京を中心に企業の展示会ブースやショールームなど空間をトータルコーディネートするスペシャリストです。

東京、大阪、名古屋、九州の展示会出展に対応いたします

東京ビッグサイト、幕張メッセ、東京国際フォーラム、池袋サンシャインシティ、パシフィコ横浜、ポートメッセなごや、インテックス大阪、マイドーム大阪、西日本総合展示場、福岡コンベンションセンターでの展示会出展にご利用いただいております。

株式会社ウエンズ コーポレートサイト